ゼロからはじめるソルトルアーフィッシング入門
アジング エギング ロックフィッシュ ショアジギング 自作編 その他 リンク 総合リンク
HOME > BACK > アジング - タックル(仕掛け) > NEXT
アジング - タックル(仕掛け)

竿(ロッド)
 アジングのタックルはまだ確立されていないというのが現状だと思う。竿は何社からか出ているが、いまいちぱっとしない。筆者のお薦めはトラウトロッドの流用である。トラウトロッドは全調子のやわらかめの竿で、様々な種類の竿が市販されているが、その中でも6~7フィートくらいの長さで、アクションがSUL(super ultra light), ULRSなどのやわらかめの竿がお薦めである。これくらいだと十分釣りを楽しむことができる。値段はきりがないが、とりあえずというのなら釣具屋で2,3千円で売っているもので十分である。高い竿はやはり、それなりにいいのだが、竿は安物でも十分釣りになる。
アジングによく使われる渓流ロッド


リール
 リールの選択はかなり重要であると思う。アジングの基本は、ワームをゆっくりと一定の速さで引くスローリトリーブである。そのため、回転がある程度スムーズであるリールが必要だ。安物のリールだと、かなりぶれが生じる、そしてそのぶれがロッドの穂先にも伝わり、ワームが不自然な動きをしてしまう。最低でも4千円前後のちゃんとベアリングが入っているものをお薦めする。筆者もはじめ1000円のリールでやってみたが、一定の速さの回転を維持するのはほぼ不可能であった。大きさは、ロッドとの相性で1000番から1500番くらいのなるべく小さい方が釣りやすい。重さもなるべく軽い方がいいが、極端に高くなってしまう。リールが小さいとトラブルが起こりやすくなるが、後に述べるが、一定時間ごとにラインを巻きなおすとトラブルは少なくなる。


ライン
 糸の素材は大きく分けて、ナイロン、フロロカーボン、PEに分けられると思うが、PEラインは伸びがなく、合わせ時の口切れが多くなるなど、あまり使われていないと思う。やはり、ナイロンラインか、フロロカーボンラインのどちらかになるのだが、フロロカーボンラインはナイロンラインに比べて素材が硬く、若干ライントラブルが起こりやすい。その分感度は多少よくなるように思えるのだが、アジングではどうしても夜間の釣行が多くなり、暗闇でのライントラブルはやる気をなくす。そのためどちらかといえばナイロンラインをお薦めする。また、ナイロンラインとやわらかめのロッドなら、バイト時に思いっきりあわせても口切れが少なくなる。太さはアジの大きさにもよるが、一般的な10~20cmくらいのアジであれば、2~3ポンド(0.5~0.8号)くらいがちょうどいい。
アジングのリール、ライン


仕掛け
 はじめは、やはりジグヘッドにワームを付けた仕掛けをお薦めする。釣れることだけを考えれば、裏技があるのだが、それはまた後ほど述べる。ジグヘッドは簡単に作れるので、自作してもいい。これも後ほど述べる。市販のジグヘッドだと、重さが0.5~1gで、フックの大きさが#8~10くらいのものがちょうどいい。また、針の返しがない、バーブレスタイプがお薦めである。慣れてくると、アジングは数釣りになってくる。バーブレスだと、針はずしが容易で、手返しよく釣りができる。ばれやすくなるのではないかと思うが、掛かったら、ちゃんと一定のテンションをかけ、抜きあげるときもすばやく抜きあげると、ばれることはあまりない。実際、バーブレスと、そうでないもので比較しても、ばれる確率はあまり変わらないように思える。また、ワームの付け替え時にもワームが痛みにくい。
 また、他の仕掛けとして、ジグヘッドの代わりにスプリットジグを使う方法もあるが、筆者はあまり使っていない。スプリットジグは、オモリと針の距離が離れており、どうしてもアクションが針までつたわり難い。アクションを多用する場合もあるので、どちらかといえばジグヘッドをお薦めする。実際、今のところ、ジグヘッドでの釣行の方が釣果は伸びている。だが、針にオモリがついていないため、食いによる吸い込みがよく、渋いときなどには有効といわれている。
 針に付けるワームだが、まず、カラーバリエーションが豊富なものがよい。天候や、明るさ、海の透明度などによって、カラーチェンジを行う。このカラーの選択が、活性が低い時などには明確に釣果に影響を与える。また、素材はなるべくやわらかめの素材の方がいい。硬い素材だと、どうしても食いが悪くなり、フッキングまでいたらないときが多い。 実はアジ専用のワームが市販され始めている。やはり、こういうものはよく考えられており、使えば間違いない。
アジングの仕掛け

HOME > BACK > アジング - タックル(仕掛け) > NEXT




Copyright © 2009 ゼロからはじめる ソルトルアーフィッシング入門 All rights reserved