ゼロからはじめるソルトルアーフィッシング入門
アジング エギング ロックフィッシュ ショアジギング 自作編 その他 リンク 総合リンク
HOME > BACK > アジング - 実釣解説(ワーム、アクション、アワセ)
アジング - 実釣解説(ワーム、アクション、アワセ)

アジを探す・・
 まず、アジがいるところを探すことである。筆者もはじめはぜんぜんわからず、見当違いのところで釣っていたりしたものである。やはり、一番手っ取り早いのが、地元の釣具屋で聞くことである。どこで今アジが回ってきているのかを聞くといい。もし、アジングをやっているような人が来る店なら、色々と教えてもらえるはずである。
 自分で探す場合であるが、結構な労力がいる。とにかく、近くの漁港を手当たり次第見て回らなければならない。昼間サビキ釣りをしていないか、防波堤でアジが群れていないか見て回る。また、後で述べるが、夜だと常夜灯があるところを探せばいい。
 ちなみに、上から見たアジの形は、ちょっと細長で、結構きびきびした動きで、群れで移動している。これがイワシなどの魚になると、もっと細長くて、どちらかというとグニャグニャとした動きで、群れの数が圧倒的に多くなる。また、ちょっとずんぐりした形で、何匹かまばらになって、ゆっくり泳いでいるようなものは、ネンブツダイや、メバルなどである。実は、筆者も初め、イワシかアジの区別がつかなかった。
 次に時間であるが、圧倒的に夜が多くなる。アジは1日中活動しており、特に夕方から夜にかけては一番釣れる時間であろう。なぜ夜釣りが多くなってくるかというと、アジは常夜灯に集まってくるのである。常夜灯に群れたプランクトンを食べにきているのだろうが、言ってしまえば、常夜灯が撒き餌効果を生んでいる。アジが回ってきている港や防波堤で、明かりがあるところに行けば、アジが群れているということである。つまり、探すのは常夜灯周りに絞られてくる。これが、昼だと群れがあっちこっち移動しているので、なかなか釣れなかったり、ちょっと釣れたと思ったら、すぐ釣れなくなったりする。夜だと、常夜灯周りを回遊しているので、明かりの近くで釣っていれば間違いないという訳である。
 しかし、真っ暗なところでもアジが居ついていたりする。こういうところのアジは大きかったりするが、探すのに一苦労で、ある程度の経験がいる。しかし、こういうところをいくつか知っておけば、コンスタントに一定の釣果をあげることができる。取りあえず、昼間餌釣りをしている人がいるところだったり、堤防の際の潮の流れに変化があったりするところや、いわゆるポイントというところに手当たり次第投げて探っていくと、こういうポイントを探すことができる。
アジングに適した常夜灯がある堤防


ワームの選択
 はっきり言って、ここからが一番難しい。筆者もそれほど確信はしていないが、わかっている範囲で述べてみたい。まず、基本的に活性がよほど高くない限り、やわらかめの素材のワームを使うのがいい。アジ釣りにおいては、固めのワームは一般的に飲み込みが悪く、フッキングしにくい。数釣りになってきて、やわらかめのワームではワームの消費が激しい時などに使うといい。
 カラーの選択だが、これが大きく釣果に影響する。基本を述べると、常夜灯周りなど、人から見ても明るいような状況だと、クリアー系をまず使う。これはおそらく鉄則だろう。また、明るいが、ちょっと濁りがあるくらいだとクリアーの赤などちょっと明るめの色を使う。それでも反応がないようなら、チャート系や、グロー系など色々と使ってみる。逆に真っ暗だったり、濁りがひどいような時はクリアー系はほとんど食ってこない。グローや、白系を選択する。いずれにしても、色々なアクションを交えながら、カラーローテーションをしてヒットカラーを探していく。潮流、濁りの状態、潮汐、など様々な条件によって、その日のヒットカラーも変わってくる。
アジングによく使われるワーム


アクション
 基本のアクションはスローリトリーブ、しゃくり、フォール、シェイクである。一番よく使うアクションがスローリトリーブである。穂先がぶれないようにゆっくりと、一定の速さで巻く。このとき、穂先がぶれるとワームにもぶれが伝わり、不自然な動きが出てしまう。
 活性が高いようであれば、すばやく、大きくしゃくりあげる。そうすると、群れ全体の注意が一気に、ワームに集中する。実際に見ていると、群れ全体がワームに向かっていくのがわかる。そして、しゃくった後のフォール中にその中の活性が高い個体がアタックしてくることが多い。食わなくても、一気にしゃくりあげることで、注意が増し、群れの活性を高めることができる。実際、餌の集魚効果とまではいかないが、結構群れが遠くにいても寄ってきたりする。だが、もともと活性が低いときは、大きくしゃくりあげると逆効果になることが多い。かなり遅くリトリーブしたり、小さくしゃくったりするといい。
 シェイクは、リールを巻きながらロッドの穂先を小さく震わせて、ワームをバイブレーションさせる感じで行う。これをやるにはかなり体力がいる。また、竿がある程度よくないと難しい。シェイクの後にフォールさせると食ってくることが多い。
 棚は、活性が高いと表層で来ることが多いが、意外と底がいい。活性が低い時などは、表層に群れが見えていても、底まで落としたほうが来るときが多い。
 以上のようなアクションを組み合わせて釣っていく。筆者がよく使うパターンとして、キャスト→底まで落とす→大きくしゃくりあげ→フォール→リトリーブ→小さくしゃくりあげ→リトリーブという感じである。
 これらを条件によって使い分けるのだが、カラーと同じく、これもはっきり言って、かなり複雑である。今日はシェイクでバイトしたとか、フォールでバイトしたとか、明確に分かれたりするときもある。条件を詰めていけば解る問題だと思うのだが。。経験が浅い筆者にはまだ難しい問題である。


アワセ
 重要なことは、アタリがあると、竿をちゃんと立てて、きっちりとアワセを入れることである。口切れなどを懸念して緩めにアワセを入れたりすると、かえって逆効果になることが多い。アジはちゃんと上あごにフッキングすると、ばれることはまずない。
 コンとか、ゴンというあたりは、仕掛けを一気に飲み込んでいることが多い。こういうときは一気にアワセを入れるといい。アワセを入れないと、コンとあたった後、グィーンという感じで向こうアワセになってしまう。こうなるとちゃんと上あごにフッキングしていないときが多い。いわゆる口切れが起こるのはこういうパターンである。
 ブルブルという感じのアタリは食いが渋いときに多い。ワームだけをついばんでいるようなときである。こういう時は、1,2秒待って、しばらく食わせるか、または、糸をちょっと弛ませて、送ってからアワセをいれる感じである。いずれのあたりでも、きっちりとアワセがきまれば、ばれる確率は低くなる。慣れれば10匹に1匹程度になってくるはずである。


取り込み
 アワセが決まると、竿を立てながら、リールを巻き、竿で、アジを自分の方に誘導するようなイメージで引いてくるといい。あまり急いで巻くとアジが水面で暴れてしまい、ばれることが多くなる。逆に、緩ませると一気にばれてしまうので、アジが暴れない、一定のテンションをかけて引いてくる。ここが、やわらかめのロッドが威力を発揮するところである。
 ある程度の距離まで寄せてきたら、糸を巻き取りながらロッドを下げ、一気に引き上げる。この時、アジを入れるクーラーや、バケツを開けておけば、そこにアジを直接入れることで、魚を地面に落とさずにすむ。
アジングでのアジの取り込み


実釣時のポイント
 食いが悪くなってきたら、ポイントを移動し、テンポよく釣り歩くのがいい。また、ポイントが他にない場合はカラーチェンジするとまた食ってくることが多い。アジは直ぐに同じワームの色に反応を示さなくなる。だが、色を変えるとまた食ってくることが多い。カラーチェンジは面倒だが、渋くて、ポイントが少ないときなどはかなり有効になってくる。また、ポイントを移動した際には、2,30分してから戻ってくると、またあたることが多い。


アジングに便利なアイテム
 実はアジは強烈な匂いがする。素手で触っていると、手はおろか、竿、リール、服、と、手で触るものすべてに匂いがついてしまう。メゴチバサミを使うと汚れることがあまりない。また、アジングは数釣りになることが多い。釣ったときにクーラーボックスを開けておくと手返しよく釣ることができるが、開けっ放しにしておくのはなかなか抵抗がある。そこで、水汲みバケツをナイロン袋で覆ったものなど、はじめから口があいているものを使うと便利である。アジを釣ったあと、この中に入れて針を外すと、地面に落として魚が汚れたりするようなことはない。
アジングに便利なバッカンとメゴチバサミ


ライントラブルの解消法
 筆者はよく、初めの頃ライントラブルを起こした。今ではトラブルは起こらなくなったが、効果的であった対処法を述べてみたい。とにかく、ライントラブルのほとんどの原因は、知らないうちにラインによれがあるままリールを巻いてしまうことにあると思う。夜の釣りだと、ラインが見えないので、余計トラブルの危険性が増す。これを回避するには、常にラインにテンションがかかっているよう、注意を払うことである。だが、やはりはじめのうちは難しいので、次のようにするとトラブルは少なくなる。何十投かに一回はラインを巻きなおすことである。2,30投もすると、糸よれができてきて、トラブルがおきやすい状態になってくる。そこで、ワームをフルキャストしてから、ハンカチなどでラインを押さえ、テンションをかけてすばやく巻き取る。これをやるとライントラブルは激減する。
アジングでのライントラブル


HOME > BACK > アジング - 実釣解説(ワーム、アクション、アワセ)




Copyright © 2009 ゼロからはじめる ソルトルアーフィッシング入門 All rights reserved