ゼロからはじめるソルトルアーフィッシング入門
アジング エギング ロックフィッシュ ショアジギング 自作編 その他 リンク 総合リンク
HOME > BACK > エギング - タックル(ロッド、リール、ラインシステム、エギ) > NEXT
エギング - タックル(ロッド、リール、ラインシステム、エギ)

ロッド、リール
 まず、竿であるが、釣っている時は、竿を持ったままで、振り続けることが多いため、なるべく軽い方がいい。だが、今ではどのメーカーから出ている竿もめちゃくちゃ軽い。エギ専用の竿であれば、よほどのものでない限りハズレはないだろう。値段もピンきりで3千円から5万円くらいまでと、上はきりがない。はじめは3千円くらいでも十分である。(筆者も3千円の竿から始めた)安くてもエギ専用ならしゃくりに問題はない。続けていけるようであれば、だんだん高い竿を買っていけばいいのではないかと思う。
 長さは8フィートくらいがちょうどいいと思われる。使用できる範囲としては、7フィートから、9.5フィートくらいであろう。
 長い竿の利点としては、当然飛距離がでる。また、取り回しの幅が広くなり、竿先を海面近くまで簡単に持っていけたりする。あと、ちょっとしゃくっただけでエギを大きくアクションすることができる。欠点としては、取り回しが悪くなったり、細かいアクションが難しくなったり、重くなったりする。
 一方、短い竿の利点としては、やはり細かいアクションがやりやすい。また、軽くて、取り回しもよくなる。その分飛距離がでなかったり、しゃくるときも強くしゃくらないとアクションしなかったりする。
 とにかく、一丁一旦なのであるが、色々と加味して、8フィートちょっとくらいが妥当の長さであろうと思う。(ちなみに筆者としては、長い方が楽なので、10フィートの竿を使用)
 リールはダイワなら2000番から2500番、シマノなら2500番から3000番くらいの大きさで、なるべくダブルハンドルがいい。ダブルハンドルはとにかく回転が安定しているので、不自然な動きがでにくい。また、ハンドルを持ち替えるときもストレスなく行える。多少自重が重くなったり、回転初速が少し重くなるなどいわれるが、それを差し引いても断然ダブルハンドルが使いやすい。
 また、やはり軽い方がいい。安物であると、自重が300gを越えてしまったりするので、これだと1時間しゃくっただけでも結構疲れてしまう。なので、多少は高いものをお薦めする。値段的には、1万円ほど出せば、それなりのものが買える。
エギング用のロッド


ラインシステム
 エギングでは、ラインとしてPEラインを用い、これに1〜2mほどのフロロカーボンラインを結んでリーダーとしている。PEラインは伸びがなく、アクションがダイレクトに伝わり、また、海面に浮くため、しゃくった時にエギを上に跳ね上げることができる。これに比べ、ナイロンラインや、フロロカーボンラインは伸びがあり、海水に沈むため、エギングには適さないとされている。
 というわけでPEラインを使うわけだが、できるだけ、値段の高いものをお薦めする。はじめはもちろん安いものでもいいのだが、安ものだと、長く使っているとどうしてもライントラブルが起こりやすい。エギングでのライントラブルはかなり厄介なものである。PEラインが傷むし、そこから切れると、釣り場でリーダーを結ばないといけないし、高価なPEラインがすぐになくなってしまう。
 これがある程度値段のする(3千円ほど)PEラインになってくるとライントラブルは激減する。(筆者は高価なPEラインに変えてから、ライントラブルは一度も経験がない。)なので、PEラインははじめから高いものを買って、大切に使うのがいいのかもしれない。
 また、一回の釣行で、先の50cm〜1mほどはカットすることをお薦めする。十分注意しても、竿を地面に置いたときなど、細かい傷ができているものである。実際に釣行の後で、リーダー付近のPEラインを光に当ててみると、何箇所かささくれができているときが多いと思う。
 また、太さであるが、0.8号当たりが一般的であろう。これより太ければ、飛距離、感度が若干落ちる。逆に細ければ、飛距離、感度は上がるが、根掛かりすればエギの回収はほぼ不可能となる。
 リーダーは比重の重いフロロカーボンラインが一般的で筆者もそれを使用している。長さは大体1〜2mが最適であろう。はじめは2,3mほどとっておけば、PEラインが傷つくことも少ないと思う。太さは1.5号から3号くらいまでが一般的である。
 大事なのは、根掛かりのときは、リーダー側の根元で切れるようなシステムにしておくことである。根掛かり時、PE側で切れてしまうようなラインシステムでは悲惨な結果になってしまう。大体、PEが0.8号だとリーダーが1.5〜1.75号くらい。1号だと2〜3号くらいがいい。一番お薦めなのは、PE1号、リーダー2.5号である。
 0.6号などの細いPEラインは飛距離が伸び、感度もよくなるが、もう根掛かりしないというレベルまで達してから使用した方がいいのかもしれない。
 また、結び方は、なるべくFGノットをお薦めする。結び目がほとんどないので、ガイド抜けがよく、また、結束強度も、一般的な結び方の中では最強レベルであろう。はっきり言って慣れるまでは大変であるが、10回ほど練習しておけば釣り場で結べるくらいにはなる。筆者としてはこちらの動画がかなり参考になった。
 また、このとき、安物のPEラインではすっぽ抜けしやすくなる。そういう意味でもなるべく高価なPEラインをお薦めする。
エギングによく使われるラインシステム


エギ
 ルアーとして、エギというものを使用している。このエギはエビを真似て作られているのは間違いない。
 はっきり言ってしまうと、イカは人間と違って、捕食行動などをするときは、周りの情報に対してただ反応しているということが多い。たとえば、イカがエビを捕食するときは、上下に動くもの、10cmから20cmほどの細長いもの。これらの動き、色、大きさなど、ばらばらの情報を目でとらえ、最終的に中枢で処理し、餌であると判断している。
 なので、木屑でも上下に動いているものなどには、ほぼ反射的に反応してしまったりする。特に、エギのように強烈に上下運動などをするものには、たとえエビのような、触覚や、足、または、匂いなどがなくても、それだけで強い反応を示し、実際に食いついてしまったりする。これらのことから、上下に跳ね上がるという、エビ独特の動きが、イカの捕食行動の一番大きな反応要因になっているのかもしれない。おそらく、重要な情報は、動き、大きさ、色の順であると思う。それゆえ、筆者はエギにおいても重要な要素は、動き、大きさ、色の順であろうと思っている。
 話がそれてしまったが、実際に使われるエギは様々な種類が市販されている。大きさは、2.5号から4号くらいまでが普通に使われるサイズであろう。秋など、イカが小さいときは2.5号や3号などといった小さめのサイズを用いる。また、春先など、大型になってくると、4号などの大きなエギを使用したりする。だが、平均して3.5号が一番オールラウンドに対応できる大きさであろう。
 また、色は、下地と、下地を覆っている布で分けられる。下地には、ゴールド、マーブル、シルバー、赤など、主に光を反射させる素材が使われている。上布は、オレンジや、ピンク、ブルーなど、カラフルに着色されている。上布に関しては、実はイカは色が見えていないということをよく聞く。そういう意味で、上地の色は人間から見て見つけやすいとか、光の強弱だけを伝えるとか、それくらいにとらえておいたほうがいいのかもしれない。  実際のその場でのエギの選び方は、エギの選択で述べる。
エギングで使われるエギ

HOME > BACK > エギング - タックル(ロッド、リール、ラインシステム、エギ) > NEXT




Copyright © 2009 ゼロからはじめる ソルトルアーフィッシング入門 All rights reserved