ゼロからはじめるソルトルアーフィッシング入門
アジング エギング ロックフィッシュ ショアジギング 自作編 その他 リンク 総合リンク
HOME > BACK > エギング - サーフエギング
エギング - サーフエギング

 今では、堤防や磯など、どこに行っても釣り人が多く、イカはスレているものである。だが、海岸からのエギング(サーフエギング)では、釣り場が広大なため、また、未開拓なポイントが多いためスレていないイカが多い。コツさえつかめば堤防や磯などより釣れることがある。
サーフエギングができる浜


タックル
 サーフエギングではまず、飛距離が重要になってくる。遠くに飛ばしたほうが断然有利である。実際、波打ち際と、波を越えるだけで10m以上は必要になってくる。また、着底の際には、波にラインがのまれないようにするため、テンションをかけていないといけない。そのため、着水から着底するまでにエギは岸側にいくらか寄ってしまう。このため、実際のイカがいるであろう水域範囲でアクションができる回数というものは、せいぜい2,3回程度になってくる。飛距離を稼ぐことの重要性がわかると思う。
 以上のことから、なるべく飛距離のでる長めのロッドをお勧めする。最低でも9ftはほしい。また、堤防などと違い、サーフエギングでは海面との段差がないため、しゃくる際もロッドが長いと有利になってくる。
 リールは普通のエギングのもので対応できる。ラインはなるべく細い方がいい。サーフエギングではあまり根がないところで釣るのが通常である。ある程度のレベルに達していれば、飛距離、感度を重視する目的で、ラインは細い方が有利である。エギは、飛距離、また、広大なポイントでのイカへのアピール度を重視し、4号など、少し大きめのエギがいい。


実釣解説
 まず、サーフエギングは波の影響をもろに受ける釣りである。波が高いと大人しくあきらめるのがいい。うねりがあるような波だと、波を超えて沖まで投げるのが大変で、また、自然なアクションを演出するのはほぼ不可能になってくる。またこのような時、大抵のイカは沖の方でいるのが普通であろう。サーフエギングは、波の低いとき限定の釣りだということを覚えておいた方がいい。
 次に場所であるが、はっきり言ってこれが一番重要である。大抵の海岸でイカはまわってくるものであろうが、何せ広大すぎる。初めての人は、こんなところで釣れるはずがないと思うのが普通なのではないだろうか。とにかく情報収集が大事になってくる。釣具屋などにいって、実績のあるところを聞くのが一番手っ取り早い。
 情報がなければ、自分で探すことになるが、やはり、広大な海岸でもポイントが存在する。沖に大きな磯場があるところだったり、離岸流が発生しやすいところだったり、海岸が他よりいりくんでいて、沖が深場になっているところなどがポイントとなってくる。
 ぱっと見るだけでも、海岸の地形から、その先の大体の海の状態が予測できる。少しでも海岸が他より出っ張っていればその先は他より浅場になっていたり、磯場が広がっていることが多い。また、海岸が他よりいりくんでいるところはその先が他より深場になっており、また、離岸流ができやすくなっていたりして、こういうところはいいポイントとなる。
 また、底の地形も、波の影響で変化がある。はっきりとした波ができているような海岸では、沖が駆け上がりになっていることが多い。イカはこういう駆け上がりのところにいるものである。
 海岸線を見てみて、他より多少いりくんでいて、沖が少し深くなって、尚且つ駆け上がりになっているようなところには、イカがいる可能性が大きい。
 以上のようなポイントにエギをキャストしていくわけであるが、はじめはとにかく、マズメ時を狙う必要がある。日没直後、または日の出前後である。接岸してくるベイトを追って、イカも接岸してくる時間なのかもしれないが、とにかくこの時間が一番よく釣れる。慣れていなければ、この時間以外は釣れないと思ってもいい。
 実際の釣りでは、キャスト後、波にラインがのまれないように竿を立てて、ラインを張った状態で着底まで待つ。その後は通常通りにしゃくっていく。キチンとしゃくりができていれば、テクニックはそれほど釣果に影響しないように思える。それだけイカがスレていないということなのかもしれない。また、しゃくったとき、エギが底に突っ掛かるようなら、そこは波の影響で、駆け上がりになっていることが多い。そういうところは慎重に、少しラインを緩めて真上にエギが跳ね上がるような感じで、鋭くしゃくるといい。
 また、サーフエギングでは、キャストの際、周りに障害物が何もないため、力いっぱい投げることができる。それゆえ、それまで問題なくキャストできていたラインシステムでもすっぽ抜けが多くなったりすることがよくある(筆者失敗談)。ノットは通常以上に気を使ってしっかりと結んでおいたほうがいいのかもしれない。
 とにかく、筆者もはじめはこんなところで釣れるのかという印象だった。しかし、時合の時間、ポイントがわかれば、堤防や磯などより釣れたりする。また、広大で、人も少ないため、気持ちよく釣りができる。初めての人はチャレンジしてみてはどうだろうか。


サーフエギングで釣れたアオリイカ

HOME > BACK > エギング - サーフエギング




Copyright © 2009 ゼロからはじめる ソルトルアーフィッシング入門 All rights reserved