ゼロからはじめるソルトルアーフィッシング入門
アジング エギング ロックフィッシュ ショアジギング 自作編 その他 リンク 総合リンク
HOME > ジグヘッド - ワーム用 > NEXT
ジグヘッド - ワーム用

 はっきり言って、ジグヘッドは高い。高いものでは1個100円するものもある。また、市販のものだと、同じ針の大きさ、重さなどの物が1袋で売られているので、1式そろえようとすると数千円はすぐに飛んでしまう。特に大きめのジグヘッドや、重めのジグヘッドなど、非常用に1個か、2個でいいのものを1袋買うはめになってしまう。
 その分、自分で作れば、はじめに針とオモリを買っておけば、好きな種類の組み合わせを好きなだけ作ることができる。おそらく、コスト面だけ考えても、市販のものの4分の1ほどのコストで作れる。また、1個作るのに1分とかからず、簡単にできるので、是非挑戦してみてはどうだろうか。


ワーム用1
アジはもちろん、それ以外にも小物釣りに使うことができるワーム用のジグヘッドについて紹介する。フックにはストリーマタイプのフライフックを用いるのがポイント。このタイプは、シャンクが長く、ワームがしっかりとキープできる。また、シャンクと針先との距離が短く、アジ用のジグヘッドを作るには最適である。


自作ジグヘッドの材料
用意する材料。ストリーマタイプのフライフック。ここではアジングに使用する目的で#10を選択。これは20個入りで400円もしない値段で売っている。オモリはガン玉(B,2B,3B)を使用。全部で500円ほどで買える。これで、大体、0.5g, 0.75g, 1gのジグヘッドが、用途に合わせて20個作成できる。ガン玉を買うときは、じっくり見て、なるべく左右均等に割れているものを選んだ方がいい。


自作ジグヘッド-シャンクを曲げる
まず、写真のように、アイの下をペンチなどでつまみ、垂直に曲げる。曲げるときは、シャンク全体を人差し指に押し付け、ペンチでアイを起こす感じでやるとうまくいく。


自作ジグヘッド-オモリの選択
次に、作成したい重さのオモリを選ぶ。なるべく左右均等に割れているものを選ぶ。


自作ジグヘッド-締めた後
次のページで紹介する感じで、ペンチでオモリを締める。なるべく、オモリの割れ目に瞬間接着剤を1滴垂らした方がいい。また、締める前に、オモリをシャンクにはさんだ状態で、アイとオモリをペンチではさんで、オモリの割れ目を少し広げてやると、オモリがシャンクの中央にはまる。


自作ジグヘッド-完成
最後に、正面から見て、オモリの大きさが左右で極端に異なる時は、ヤスリで均等になるように削ってやるとベストである。また、次のページで紹介するように、好みに合わせてバーブレスにする。


自作ジグヘッド-ワームを付けた状態
ワームを刺した感じ。シャンクが長いので、少々のバイトでもワームがずれない。


自作ジグヘッド-重さ、大きさが異なるものが色々と自作できる
色々な重さのものを作っておけば、色々な状況に対応できる。


ワーム用2
少し凝った、ジグヘッドについて述べてみたい。1分で作るのは難しいかもしれないが、泳ぎや、フォール姿勢はなかなかいい。材料はワーム用1と同じである。


自作ジグヘッド-ゆっくりと曲げていく
まず、フライフックをライターや、ガスコンロなどで赤くなるまで熱し、写真のようにアイが針先(ベンド)と平行になるように曲げていく(ペンチが2つ必要。また、火傷に注意)。熱しないでやると途中で折れることが多い。1回で曲げることができないときは、2,3回に分けて徐々に曲げていく。後は写真のように、アイの下部分を垂直に曲げる。


自作ジグヘッド-ガン玉は左右均等でない時が多い
次に、オモリであるが、もし、写真のように左右均等でなければ(写真は右部分の方が若干大きい)やすりで削る。


自作ジグヘッド-左右均等になる様にヤスリで削る
これくらい削れば十分。


自作ジグヘッド-ヤスリの角などを使って削る
次に、ヤスリの角などを使い、写真のようにオモリを削る。


自作ジグヘッド-完成
あとは、次のページで紹介する要領でオモリをフックに締める。


自作ジグヘッド-ワームを付けた状態
少しヤスリで形を整えて完成。フォール姿勢はなかなかいい。


HOME > ジグヘッド - ワーム用 > NEXT




Copyright © 2009 ゼロからはじめる ソルトルアーフィッシング入門 All rights reserved