ゼロからはじめるソルトルアーフィッシング入門
アジング エギング ロックフィッシュ ショアジギング 自作編 その他 リンク 総合リンク
HOME > メンテナンス
メンテナンス

 釣行後のメンテナンスは、つい忘れがちになるもの。しかし、その都度きちんとメンテナンスすれば、次からも気持ちよく釣りにいける。特にソルトルアーフィッシングでは、釣行後は塩分がタックルに付着している。最低限やっておいたほうがいいメンテナンスを述べてみたい。


ルアー、エギ
特にフックなど、金属部分があるものは釣行毎に塩分を落としておいた方がいい。


maintenance_1.jpg
maintenance_2.jpg
使ったルアーや、エギ、ワームなども流水で水洗いし、タオルや、ティッシュペーパーなどで拭いて、乾燥しておく。


maintenance_3.jpg
また、布が傷ついたエギは、接着剤等の補修剤を塗っておけば長く使える。


ライン
リールからスプールを外し、塩抜きして乾燥させる。
防水ではないスプールもあるので、写真の様にすればスプール内を濡らさずにすむ。
maintenance_6.jpg
表と裏5分くらいずつやれば十分。


maintenance_7.jpg
乾燥させた後、フッ素コートスプレーなどのスプレーを吹き付けておくと、飛距離が伸びるのが体感できる。 (FGノットなどの結び目にスプレーすると、すっぽ抜けしやすくなるので注意。)


ロッド
固く絞ったタオルなどで拭いておく。何回か釣行した後ではガイドなども結構汚れているもの。
maintenance_4.jpg


リール
同様に、固く絞ったタオルなどで拭いておく。
maintenance_5.jpg
ロッドから外して拭けば綺麗に拭ける。


HOME > メンテナンス




Copyright © 2009 ゼロからはじめる ソルトルアーフィッシング入門 All rights reserved