ゼロからはじめるソルトルアーフィッシング入門
アジング エギング ロックフィッシュ ショアジギング 自作編 その他 リンク 総合リンク
HOME > BACK > ロックフィッシュ - タックル > NEXT
ロックフィッシュ - タックル

ロッド、リール
 竿は7ftくらいのものがちょうどいい。これくらい長ければ、大物が掛かっても落ち着いて対処できる。また、飛距離もある程度伸びる。だが、アジング用のものでも十分代用可能である(筆者はアジング、ロックフィッシュ兼用)。
 リールは1000番から2000番くらいがいい。やはり基本のアクションがスローリトリーブになってくるため、ちゃんとベアリングが入ったある程度のものがほしい。一定の回転速度を維持でき、滑らかに回転できればOK。これもアジング用のもので十分代用可能。
ロックフィッシュに適したロッド、リール


ライン
 ラインは一般的にフロロカーボンラインをお薦めする。というのも、ロックフィッシュがいるポイントというのは岩や、テトラなどの障害物があるところが多く、こういうところでは根ズレが多くなる。フロロカーボンラインは、同じ太さでもナイロンラインやPEラインと比べて根ズレに強く、ラインブレイクする確率が減る。また、魚が掛かったときは障害物等に隠れてしまうことも多いので、こういうときもフロロカーボンラインの方が有利である。太さは3~4lbくらいがちょうどいい。
 欠点は、やはり、ライントラブルが多くなるということだろう。フロロカーボンラインはナイロンラインなどより硬く、糸の出にムラがあるとすぐにバックラッシュを起こしてしまう。やわらかいロッドなどを使用しているときは特に注意が必要である。まったくの初心者の方は、はじめはナイロンラインで慣れておく方がいいかもしれない。
ロックフィッシュに適したライン


仕掛け
 仕掛けは主にジグヘッドにワームを付けたものを使う。市販のジグヘッドだと、1g前後の重さのもので、フックは#8くらいがちょうどいい。オモリは重いほどよく飛び、広範囲を探れるが、上記の重さを越えると根掛かりが多くなってくる。一般的には、ロックフィッシュは堤防の際や、テトラの周り、磯の際などにいることが多いので、10mも飛ばせれば十分な範囲を探ることができる。またジグヘッドは自作することもできる。
 ワームは大きさは、1.5~2インチくらいがいい。色は、日中だとブルーやクリアーなど、余り目立たない色がよく、暗くなってくるに従い、グローや白、赤など目立つものに変えていく。
ロックフィッシュに適したワーム


HOME > BACK > ロックフィッシュ - タックル > NEXT




Copyright © 2009 ゼロからはじめる ソルトルアーフィッシング入門 All rights reserved