ゼロからはじめるソルトルアーフィッシング入門
アジング エギング ロックフィッシュ ショアジギング 自作編 その他 リンク 総合リンク
HOME > BACK > ロックフィッシュ - 実釣解説
ロックフィッシュ - 実釣解説

 魚がいるポイントは、テトラ周り、堤防の際、磯の際などである。日中は、岩陰や、岩の割れ目などでじっとしていることが多いため、餌釣りでいう穴つりをワームで行うのが効果的である。逆に夜になると、底から離れる魚が多くなる。特にメバルなどは活性が高いと表層で釣れたりする。


アクション
 まず、日中の穴釣りであるが、テトラ周りが基本となってくる。周りより少し開けて深くなっているようなところに、ワームを落とし込んで、上下に、すばやくリフト、そのままフォールを繰り返す。大体魚がいればすぐに反応がある。いいポイントにはいつも良型が着いており、釣られてもすぐに他の魚が居つく。こういうところを何箇所か覚えておくと安定した釣果に繋がる。
 また、堤防や磯などでは、海底にあまりストラクチャーがないことが分かっていれば、ズル引きが効果的である。海底を一定の速度でゆっくりとワームをズル引きする。
 夜は、魚が底から離れてくるので、中層から表層を探ることが多くなってくる。テトラの周りや、堤防の際などを、中層から表層あたりをゆっくりとリトリーブする。
 闇夜など、はじめはこんなに暗かったら釣れないのではないかと思うかもしれないが、真っ暗でも(グローのワームでなくても)ちゃんとバイトしてくる。それだけ彼らは目がいい。
 最後に、一番気をつけたいのが根掛かりである。テトラ周りや磯などではどうしても根掛かりが多くなってしまう。こういうところでは、はじめは表層のみを探ったほうがいい。いきなり中層を狙ってもまず根掛かりしてしまう。根掛かり対策としては、“ラインを太くする”“日中に下見をしておき、地形を熟知する”“月夜に釣行する”などが考えられるが、いずれにしても、ストラクチャーが多いところでは、根掛かりを覚悟しておいた方がいい。
メバル


HOME > BACK > ロックフィッシュ - 実釣解説


Copyright © 2009 ゼロからはじめる ソルトルアーフィッシング入門 All rights reserved